ライフスタイルに合わせた住居を手に入れる|高級住宅で豊かに暮らす

一軒家

住宅建設の進め方

インテリア

部屋割り以外の重点

一戸建て住宅を購入する場合、注文住宅と分譲住宅の2つの購入方法がある。分譲住宅では、出来上がった住宅を見た上で購入できるが、注文住宅ではそれができない。その為、注文住宅においては、設計時点から十分に検討した上で建設を進めてもらうことが重要になる。逆に言えば、一から自分で決めることができるのが注文住宅の魅力でもある。注文住宅における検討で、大きなウェイトを占めるものが間取りの決め方である。間取りは、部屋の区分け方のみに留まらず、収納スペースの確保や導線なども含めた検討が重要である。部屋割りについては、家族構成などを考慮した考慮を行っていく。その際、収納スペースへの配慮を行わないと、まとまりがなくなってしまう。

ハウスメーカー

注文住宅では、ハウスメーカーと協力しながら間取り決定や建設を進めていくことになる。これらの進め方については、ハウスメーカーにより特徴があるため、自分の考えと合ったハウスメーカーを選定することが理想の間取りの住宅を建てる上で必要になってくる。注文住宅では、施主の希望する設計方針などを基本としながら設計を進めていくことになる。しかし、施主は多くの場合素人であるため、設計会社やハウスメーカーの知識を活用しながら進めていくことになる。この際、設計会社やハウスメーカーにより特徴があり、それに合わないと話がうまく進めていけないことがある。例えば、ハウスメーカーにより収納スペース確保を重視するなど特徴があるため、それらの事前の確認をしておくとよい。